いぼの切除治療を受ける前にcheck【症状の特徴を徹底解説】

ナース

施術クリニックの選び方

これがあるだけでいきなり老け顔の印象となってしまういぼ。放っておけば治る場合もありますが、気になって自分で引っ掻いて除去しようというのは間違いです。傷跡を残す結果となるかもしれません。跡が残らないように安全に除去したいのであれば、美容整形外科クリニックに相談しましょう。

Read More

カウンセリング

いぼを美容皮膚科で解決

いぼを短期間で綺麗に除去する方法として、美容皮膚科で受けられるレーザー治療が人気になってきています。医師の元でスピーディーに除去し肌への負担も少ないメリットがあります。

Read More

いぼの種類

顔を触る人

うつるものと良性のもの

いぼと言っても種類があり、ウイルス性でうつるいぼもありますが、良性でうつらないいぼもあります。うつるいぼはウイルス性で、見た目は固くしこりのような状態で尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といいます。皮膚の小さな傷や爪のささくれなどからウイルスが入り込み、その部分が固く盛り上がってその周りにもうつって増えていきます。ウイルス性のいぼが多くみられるのは指や足の裏で、角質の厚い部位にできやすいです。ウイルス性のタイプは皮膚の角質を好み、この部分で増殖していきます。ウイルス性とそうではないものとの見分け方のひとつになりますが、ウイルス性のタイプは首や脇の下、顔などには角質は厚くないためウイルス性のものができる機会は少ないです。首や脇の下、顔などにできるのは良性のいぼで肌色や茶色で良性のタイプです。首にできるのはスキンダック、脂漏性角化症などがあり顔や脇の下などにできるのは脂漏性角化症や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)などといいます。良性のいぼができる原因には遺伝が多く、家族や身内に同じようなものができている場合には自分にもできる可能性はあります。いぼができるのは良性であれば遺伝が考えられ、ウイルスが原因の場合はうつる可能性もありますが、これらの原因以外にもできることを加速させる原因もあります。首など衣類で肌が擦れる場合、摩擦によって首にできやすくなります。他の人から見られたくないという理由からハイネックなどを着ることでさらに摩擦が増えることもあるので、肌触りの良い素材の衣類を選ぶようにします。また首の周りはアクセサリーをつける機会も多いため、汗と金属の刺激により痒みがでて一気にイボができる可能性があります。紫外線も要因のひとつです。紫外線は肌にダメージを与えることで知られていますが、紫外線で皮膚の細胞がダメージを受けることでイボができることにつながります。いぼは、大きく分けるとうつるウイルス性のものと遺伝が原因と考えられる良性のものがあります。さらに紫外線や摩擦などができやすくする可能性もあるので、イボができないようにするためには紫外線や摩擦などを避けるようにする対策も必要です。

先生

美容整形外科でいぼ治療

首やデコルテ周辺に出来やすい老化性のいぼを効率よく除去するためには、美容皮膚科クリニックで受けられる医療レーザーを利用した治療方法が人気です。皮膚表面を浅く削ることで肌へ負担をかけずにきれいな仕上がりにすることが出来ます。

Read More

顔を触る人

早めに治療

いぼには種類があり、加齢によってできる良性のタイプもありますが、ウイルスにより感染するタイプもあります。いぼができる原因や予防を知り、見分け方は難しいため早めに病院に行って治療します。

Read More

看護師

保険適応外のいぼ治療

いぼは、液体治療のような保険適応で受けられる治療から保険適応外の治療まで様々です。それぞれの治療によって、特徴が異なるためよく理解してから治療を始めることをおすすめします。

Read More