いぼの切除治療を受ける前にcheck【症状の特徴を徹底解説】

美容整形外科でいぼ治療

先生

気になるいぼを一気に治療

首やデコルテを中心に小さないぼがポツポツと複数出来てしまった経験をお持ちの方は少なくありませんが、これは30代以降に起こりやすい皮膚の老化が原因だといわれています。通常皮膚の古い角質はターンオーバーが正常に行われることによってしっかり排出されますが、年齢を重ねると皮膚のターンオーバーが正常に機能しなくなり肌に古い角質が蓄積すると、茶色から黒に近いいぼが首やデコルテなどの皮膚が柔らかい部位を中心に出来やすくなってしまうのです。老化性のいぼは良性に分類されるので、健康上放置しておいても特に問題はありませんが首周りが大きく開いた服装をする際にポツポツといぼがあると見た目も老けて見えてしまうため、多くの女性が処理に悩んでいる方が増えています。そこで効率よく気になるいぼを処置する方法として二種類の方法が利用されています。まず一般的な方法として皮膚科で液体窒素を利用していぼの皮膚細胞を死滅させてしまう方法と、美容皮膚科で医療レーザー治療を受ける方法です。前者の液体窒素を利用した治療は、保険診療内で行えるためいぼの数が多い場合も安い費用で治療を受けることが可能です。ただ液体窒素をポツポツと隆起した皮膚の根本に当てる際に強い痛みが生じる事や、一度のケアで完全に除去出来るわけではないので繰り返し何度か同じ施術を受ける必要が出てきます。液体窒素を利用した後はいぼが茶色か黒くなり、皮膚がどんどん硬く収縮していくため自然に除去されるまで約二週間ほどかかるといわれていますので、その場できれいな状態に仕上げたいという方には向いていません。美容皮膚科で受けられる医療レーザー治療は、皮膚表面のいぼがあるギリギリの部分を薄く削っていくため、一度の施術で確実にきれいな状態に仕上げることが出来るメリットがあります。深く皮膚を傷つけないので施術後の肌荒れが起こりにくく、跡も残りにくい点が大きな魅力の一つです。ただ保険診療外の自費治療に分類されるので、施術を希望する方は複数のクリニックを比較して施術方法や費用をチェックしておくことが重要になります。