いぼの切除治療を受ける前にcheck【症状の特徴を徹底解説】

早めに治療

顔を触る人

原因や予防法を知る

気が付くと首などにいぼができていることがあります。いぼには種類があり中にはうつるタイプもあり見分け方も難しいものもあるので早めに皮膚科などを受診することが良い選択です。いぼの中でも他の人にうつるのは尋常性いぼで、ヒト乳頭種ウイルスによるものです。自覚症状は殆どなく手の甲、指、足の指や足裏などにあらわれることが多く、感染するのは皮膚の小さい傷などからウイルスが侵入して角化細胞に感染し、皮膚か落ちてそれが他の部分に感染を広げます。みずいぼと呼ばれるいぼは、大きさは2〜10mm程度の小さなもので中央が陥没して透き通っているような状態です。このイボはつぶれて中の内容物が皮膚につくことで感染し、自覚症状は殆どないものの軽く痒みを感じる場合があります。ウイルス性ではなく良性のタイプは老人性イボです。大きさは1〜2cm程度で色は灰褐色や黒褐色ではっきりとしたものです。原因は一般的には加齢によるもので、加齢が進むことで細胞が表皮の奥にから増殖して上に盛り上がりながら増えていき、メラニン色素を盛り込むために色が灰褐色や黒褐色になります。いぼは自然消滅する場合もありますが、ウイルス性など感染するタイプは皮膚科などで液体窒素の凍結療法で治療することができるため、他の人に感染させないためにも放置しないで治療をすることが良い選択となります。老人性イボは良性で他の人にうつることもなく治療を必要とはしませんが、自然になくなることはなく、首周辺にできるとアクセサリーなどが引っかかることもあるので気になる場合には、病院で除去できます。イボができないように予防するには、ウイルス性は皮膚の小さな傷から感染するため、肌荒れや乾燥しないように肌の調子を整えておくことです。良性のいぼは加齢とともにあらわれますが、紫外線や肌への刺激や摩擦などでもいぼをできやすくするため、日頃から紫外線を防止したり、肌が乾燥しないように保湿します。また体全体の調子を整えておくために栄養バランスの良い食事をとり、ストレスを溜めずに睡眠をしっかりとってウイルスに負けない体作りを心がけると良いです。